債務整理の無料相談窓口 ※弁護士・司法書士の選び方

債務整理の無料相談窓口 ※弁護士・司法書士の選び方

債務整理の無料相談をする前に!

債務整理はどこに依頼するのがベストでしょうか?
ここが債務整理の一番大切なところです。

弁護士や司法書士ならどこでも一緒だという事はありません。

⇒無料相談が出来る弁護士事務所はこちら

 

債務整理のメリットとデメリットについて

債務整理とは?

債務整理とは、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4種類がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

まずは診断ツールを使って診断してみることが解決への近道です。


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

任意整理
任意整理のメリット

任意整理のメリットをしては裁判所を通さず弁護士や司法書士が債権者と話し合い和解をするので、債務者の負担が一番軽いのです。周囲に知られる事なく手続きができ、弁護士や司法書士に任意整理の依頼をすることによって、督促が止まり過払金も回収してもらえます。
官報に掲載されることがないので第三者に知られることはありません。

任意整理のデメリット

デメリットとしては、和解が成立しない場合があることや5年程ブラックリストに載ってしまう事です。

 

個人再生
個人再生のメリット

個人再生による債務整理とは、自己破産と任意整理の中間のような制度で債務が大幅に免責され、長期の分割払いにしてもらえるという方法です。
メリットはローンがあっても自宅を手放さなくても良い、ギャンブルや浪費が原因であっても利用可能などです。

個人再生のデメリット

デメリットは5~7年程はブラックリストに載ってしまったり、官報に掲載される、手続きが複雑といったところです。

 

自己破産
自己破産のメリット

自己破産による債務整理とは、裁判所に破産申立書をして免責許可をもらい、全ての借金の支払義務が一切なくなります。

自己破産のデメリット

価値のある財産は全て処分され官報と破産者名簿に掲載され、5~7年程はブラックリストに載ってしまいます。

 

特定調停
特定調停のメリット

特定調停では、債権者との交渉は調停委員がしてくれ、財産に影響がなく訴訟に比べ手続が簡単で費用も低額で済み、借金の理由も問われません。

特定調停のデメリット

ブラックリストに5年未満載ります。調停成立後、支払ができなくなると給与等の差し押さえをされる可能性もあります。
法律の専門家に相談し、個々の借金の状況を考慮して債務整理を選ぶことが大切です。

 

債務整理について

債務整理とは、簡単に言えば借金を整理して返済することです。整理というのは、複数からの借金を一本化し借金を明確にし、返済計画を建てることです。または、払いすぎた利息を元本に振替えて返済額の軽減を図るものです。このことを、
借りた物は返すのが人の道理です。ただ、借金の利息の上限は、法律で定められているので払いすぎた利息は、返金を請求する権利があります。権利を行使しないで黙っていては、借金は減りません。その行使が債務整理です。

 

債務整理の方法は、大きく分けて2つに分類されます。一つ目は、返済型です。利息を計算しなおし、返す額を再計算します。すでに、返済額が元本+利息より越えていれば、借り入れ先に返金を請求します。更に返済型は、裁判所を介するかどうかで分類されます。裁判所を介さない場合は、更に2つに分類できます。
二つ目は、非返済型です。これは、自己破産です。自己破産により返済から免れることができますが、一定に職業に就けないとか、保証人に返済が求められるといったことが生じます。

 

返済型を整理すると、裁判所を介さない場合を、任意整理と言います。介する場合は、特別調停と個人再生と呼ばれる債務整理の方法があります。
債務整理を行うことにより、借金を減額できる場合があります。また、借金を見直すきっかけととなります。法律人が介入することにより、直接の督促がなくなり、生活にゆとりが出ます。しかし、債務整理を行うと新たな借金を作ることができなくなりますので、生活全般を見直す必要があります。

 

債務整理をきっかけとして、心安らかな生活を目指しましょう。

 

まずは診断ツールを使って診断してみることが解決への近道です。


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

おすすめの法律事務所

弁護士法人RESTA法律事務所
無料相談受付中!
  • 初期費用なし・後払いOK・分割払いOK
  • 365日24時間対応
  • メール・電話相談OK

⇒【弁護士法人RESTA法律事務所】無料相談はこちらから

>>【無料電話相談】0120-501-605

その他の事務所

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ